できるだけ見やすいウェブデザインを作ることを心がけよう

多くのチェックポイントがある

最も目立たせたいコンテンツのみを、一番目立つ場所に配置することをすることで、望む効果を得られますよ。ある特定の場所に、たくさんのコンテンツを置いてしまうと、ユーザーが混乱してしまいどこを中心に見たらいいのかユーザーが分からなくなってしまうんですよ。ユーザーの見やすさを重視して、コンテンツはバランス良く散らして配置することが大切ですよ。他に、余白をどれくらい作るか、派手になりすぎないカラーの選択など多くのチェックポイントがあるんですよ。

ユーザーの目線の動きを意識しよう

メールマガジンの登録を促すボタンを取り入れる際には、できるだけたくさんの人にボタンをクリックさせて、メールマガジンの登録者を増やしたいものですよね。ユーザーがホームページを見る時には、まず上から下に視線を移動させますし、左から右に目線を移すユーザーも多いです。そのため、ホームページの左上に、メールマガジンの登録ボタンを配置することで、ボタンに非常に注目を集めることができ、多くの登録者を獲得できますよ。

細やかな工夫をしよう

スクロールを用いた縦長のデザインにするのか、横に長いデザインにしたらいいのかなど、いろいろ試してみて、自分のホームページに最適なデザインを選ぶべきですよ。また、お問合せページを作る時には、項目名を分かりやすいものにしたり、どんなアイコンを使ったら使いやすいのかなど考えて、細やかな工夫をすることが重要なんですよ。気に入ったデザインがあったら、どうすれば自分のホームページに取り入れられるか具体的なイメージを持つことが大切ですよ。

IT分野において、コーディングとは、アプリケーション等の仕様書や設計書を元にコンピュータが処理するプログラムを作成することです。JavaやC言語等のプログラミング言語を用いて記述します。